会社の行き遅れBBA孕ませた | 34歳爆乳女主任を孕ませたら人生終了!?w

★☆★34歳爆乳行き遅れババアの身体が魅力的過ぎるww★☆★
 
↓↓↓今すぐ無料試し読みできます!↓↓↓



行き遅れババアの無料試し読みはBookLive!コミック
(公式ページです。)
行き遅れ”で検索!

新入社員である私の教育係が結婚に行き遅れた34歳のいきおくればばあ(行き遅れBBA)の女主任、いきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任は職場の女の子からBBAと陰口を叩かれているのですが、年下の私からすると人生の酸いも甘いも知り尽くしたいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任は魅力的に映ります。いくら魅力的を感じていても他の社員の手前、部下の私からちょっかいを出すわけにはいかない、陰口を叩かれていることに気付いているいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任も部下に手を出すわけにはいかない、時間だけが過ぎキッカケがないかと思っている時に飲み会に誘われました。

★☆★34歳爆乳行き遅れババアの身体が魅力的過ぎるww★☆★
 
↓↓↓今すぐ無料試し読みできます!↓↓↓



行き遅れババアの無料試し読みはBookLive!コミック
(公式ページです。)
行き遅れ”で検索!

先に酔いが回ったのは34歳のいきおくればばあ(行き遅れBBA)の女主任、他の社員はいつも厳しいいきおくればばあ(行き遅れBBA)の女主任が早く帰ってくれたほうが助かるため、新入社員の私が家まで送ることになりました。

いきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任が住んでいるのは築年数が古いアパート、外階段を登るとキイキイきしむ、酔っているいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任に肩を貸してようやく部屋まで辿り着いたのですが、ベッドがあるだけで女らしさを感じるものは皆無。

会社では陰口を叩かれ住んでいるのはボロアパート、いきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任のことが気の毒になり、せめて私だけでも女性として扱ってあげよう、ベッドに寝かせるために、いきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任が着ていた上着を脱がすと、ブラウスのボタンがはちきれそうなくらいの豊満なオッパイ。

★☆★行き遅れババアのはち切れそうな爆乳をむさぼるww★☆★
 
↓↓↓今すぐ無料試し読みできます!↓↓↓



行き遅れババアの無料試し読みはBookLive!コミック
(公式ページです。)
行き遅れ”で検索!

ベッドに寝かしたのですけどいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任が目を覚ますことはない、気になってミニスカートの中を覗くとストッキングは履いておらず、ブラジャーと同色のパンティはお尻に食い込んでいる。部屋に居るのは私といきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任の2人だけ、部下を部屋に入れて立場が悪くなるのはいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任、酔った勢いで行為に及んでしまうのはいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任にも責任がある、私はいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任のブラウスそしてブラジャーを脱がすと、ようやくいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任は「ごめん、貴方が家まで送ってくれたの?」。

やましいことがなければ答えることが出来たのですが、いきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任はブラジャーを脱がされオッパイは露わの状態、それに気付いたいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任は慌てて手でオッパイを隠したのですが、仕事では冷静ないきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任が慌てると私は興奮、興奮を抑えられない私はいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任の股間に手を伸ばすと、「ちょっと何をするの?」。

画像をタップで今すぐ試し読み!


拒絶されるとますます興奮、拒絶しても酔っている女は非力、パンティまで手が届くと生暖かい、パンティの上からでもアソコが濡れているのは分かる、私が分かるくらいですからいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任自身もアソコが濡れていることに気付いている。

半ば強引にアソコに指を入れるといきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任は断念、「分かったから、お願いシャワーを浴びさせて」、既にペニスが勃起していた私は我慢が出来ない、いきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任が嫌がっても無理やりペニスをいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任にブチ込むと「痛い」。

久しくいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任はエッチをしていなかったようでアソコの締りは抜群、痛がられるとS気質の私は堪らない、「コンドームは付けて」とは言われたのですが、無理やりブチ込んでおいて今さらいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任の言うことを聞き入れるはずはありません。

ボロアパートだとアエギ声は室外に漏れるのですが、恥ずかしい思いをするのはいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任、私はお構いなしにエッチを続け、最後は顔射。
いつもは部下に厳しいいきおくればばあ(行き遅れBBA)の女主任が精液まみれになるのですから、ざまあみろと内心思っているのですが、久しぶりのエッチが気持ち良かったのか、いきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任は精液とマン汁が付いたペニスをお口でキレイにしてくれました。

男女の関係になってのいきおくればばあ(行き遅れBBA)の女主任は、私には優しくなり、残業で遅くなる時は会社のトイレ等でエッチ、もちろん、今もいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任とはコンドームは付けません。

★☆★行き遅れババアとオフィスでハメまくるww★☆★
 
↓↓↓今すぐ無料試し読みできます!↓↓↓



行き遅れババアの無料試し読みはBookLive!コミック
(公式ページです。)
行き遅れ”で検索!

その日は仕事の後会社の飲み会があり、部署のみんなと居酒屋で楽しく飲んでいました。私も結構飲みましたが、いきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任も結構お酒を飲み、ついに寝てしまいました。
そこで誰が送るかという話になり、たまたま家の近い私が送ることになりました。最初は「しょうがないな」と嫌々送っていたのですが、送る途中肩をくんで歩いていると乳が私にあたり感触も柔らかく、とても気持ちよさそうでした。

そして家につくと酔った勢いなのか私を勢いよく押し倒してきました。ドキドキしていると、キスをしてきて股関に手を当ててまさぐってきました。いきなりの出来事に起ってしまった私にたいしていきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任は「ベッド行こう」の一言。

画像をタップで今すぐ試し読み!


私は女性の家にあがるのも久しぶりでとても緊張していました。
ベッドに着くといきなり私のズボンをおろし、フ○ラをはじめました。それはとても気持ちがよくすぐにイッてしまいました。「早い~」と不満そうないきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任に会社同様、謝る私。

それに対して「謝らないで。それとこの事は内緒ね」と言ってきてそれにドキッとしてしまいました。
動けないでいると、いきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任も服を脱いで「私も気持ち良くして」とねだってきました。

私が乳首を舐めると酔っているからか、あえぎ、「気持ちいい」と一言言われさらにドキッとしてしまいました。そうやってお互いのモノをいじくっていると、いきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任の電話が鳴りました。話す口調を聞いていると、どうやら会社の社員の誰かみたいだった。

「ごめん。やることできちゃった。続きはまた今度ね。」と言われ、続きをやりたかった私は泣く泣く帰宅することに。ですが、また今度出来ると考えるだけで心がウキウキします。いきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任への見方が変わりました。

画像をタップで今すぐ試し読み!


会社の行きおくれババアだなんて揶揄されてる先輩と新入社員である僕が営業先に周りに向かっていた日のことでした。
その日は近くで何かイベントがあったらしく電車の中は超満員で、僕といきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任は必然的にかなり密着する形になってしまいました。ババアだなんて言われていてもだからこそと言うべきなのか、三十代半ばのいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任が普段から発している色気にいつもあらぬことを考えていた僕は思わずゴクリと喉を鳴らしました。

しかも乗ってから予想外にほかの乗客が乗り合わせてきたこともあり、まさかのいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任と僕は向かい合わせいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任は電車のドアを背に、僕はそんないきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任を見下ろす形となっていました。

すみませんと謝る僕にいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任は仕方ないわと笑っていました。
その笑顔にまた僕は思わず喉を鳴らしたのです。

電車が揺れた時です、大きく揺れた電車に体勢を崩したふりをした僕はいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任の胸に手を滑らせました。いきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任が驚きに小さな声を上げました。

僕が慌てて謝るといきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任は困ったように笑いながらちょっと向き変えましょうかと自分の体を横向きに変えるように動きました。
それが僕の狙いでもありました。また乗客が乗ってきました。それに合わせて僕はいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任の胸に偶然手が当たっているふりをして、なんどかいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任の胸を刺激しました。

いきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任が緊張から体を強ばらせたのがわかりました。
なんどか続けているうちにいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任が小さな声を上げました。顔が赤くなっているのもわかりました。

自分でも大胆なことをしたと思うのですが僕はもう我慢できずに、いきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任の乳首に当たる部分に指を伸ばしました。
もちろん服の上からでしたが乳輪にあたる部分をそっとなでます。

いきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任が今度ははっきりと甘い声をあげました。
服と下着の感触が邪魔だったものの僕はいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任の乳首を摘むように触り続けました。

僕の股間はすっかり固くなっていて、押し付けるようにするとそこで信じられないことにいきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任がそっと僕の股間に手を伸ばしてきました。
欲求が爆発しそうになったところで残念なことに目的の駅に着いてしまいました。けれど赤い顔をして恥じらうように営業先へと並んで向かういきおくればばあ(行き遅れBBA)の主任もとても可愛らしかったのです。